ほうれい線の悩みは美容液で解決できる|自分で出来るスキンケア

女の人

エイジングサインの改善

シワ

肌をふっくらとさせるケア

30代辺りの女性の肌の悩みとして、一番多いのがほうれい線です。代表的なエイジングサインですが、エイジングケア美容液でお手入れすることで、少しずつ薄くなってくれます。ほうれい線ができてしまうのは、肌の土台である真皮層が衰えてしまうからです。加齢によってコラーゲンやエラスチンなどのハリ成分が少なくなり、内側から肌を押し上げる力が弱くなり、ほうれい線が目立つようになります。しっかりと肌を内側から持ち上げる力をアップすることで、目立ちにくくなりますから、有効成分が入った美容液を使用して肌をふっくらとさせてあげましょう。浸透力の高い低分子化されたコラーゲンや、コラーゲン生成を促すレスベラトロール、しわ対策の定番でもあるレチノールなどが効果的です。

たるみ改善と予防

くっきりとしたしわのように見えるほうれい線は、実はたるみが原因で起こります。ハリ不足の頬や口元辺りの肌が重力に逆らえなくなってたるむと、境目がくっきりと目立ってしまうのが原因です。豊富なエイジングケア成分の入った美容液で、ハリを高めてあげるのも重要ですが、それ以上に基本である保湿にも気を使いましょう。エイジングケア美容液に、保湿成分がしっかり入っているものを選ぶのがおすすめです。また、これ以上ほうれい線がひどくならないように予防するのも重要です。肌の酸化はコラーゲンを減らす原因にもなりますから、抗酸化作用のある化粧品を取り入れるのが良いでしょう。紫外線を浴びることで活性酸素が増えてしまい、肌の酸化が起こりますから、紫外線対策は必須となります。